仮想環境ソリューションMicrosoft『HYPER-V』

「HYPER-V」とはMicroSoft社が提供するWindows Sever 2008 R2 を利用した仮想化プラットフォームです。
既存のコンピュータからハードディスクイメージを取り出し、HYPER-V上で仮想化を行う事で今まで利用してきた環境を継続して利用する事ができ、柔軟性の高い運用を行う事が可能です。
また、将来クラウド環境へ移行する場合もスムーズな移行プロセスを提供できます。複数の仮想化環境を構築する事で、物理デバイスの導入コスト削減や光熱費のコスト削減を実現します。さらに単一の管理ツールで管理する事で管理業務の効率化、管理コストの削減も可能です。
 当社では社内環境の一部を実際にHYPER-Vによる仮想環境に移行しています。

仮想化技術に関する詳しい説明はこちらから(ASCII.jp様のサイト)
HYPER-Vに関する詳しい説明はこちらから(マイクロソフト様のサイト)

ページの先頭へ