セキュリティ構築支援

  現在のビジネスではコンピュータを利用した業務形態が主流であり、ネットワーク環境が非常に重要な役割を持っていることは周知の事実です。コンピュータシステムやネットワーク環境は利便性が高いのですが、その分安全性を疎かにするとウィルス感染、情報漏えい、システム破壊など会社にとって重大な損失につながる事態が発生する可能性があります。
 ユーザー様が安心してコンピュータシステムをご利用できるようにセキュリティ環境構築支援サービスをご提供しています。

ご提供サービスの例

Windows Sever 2008 R2によるActive Directyory環境の構築支援
 Active Directoy環境の構築+グループポリシーの設定+アクセス権の設定により、利便性の高いセキュアな環境を構築する事が可能です。
 サーバー環境の構築はMCP、MSCA等の経験豊富な技術者が中心となって行います。
 
 Active Directoryの詳しい説明はこちら(マイクロソフト様のサイト)

UTMやファイヤウォールの設置及び設定
 UTM、ファイヤウォールの設置により外部からの不正アクセスリスクを低減します。

※)UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)
  外部からネットワークに対する複数の脅威から保護する機器。ウィルス対策、スパムメール対策、不正アクセス防御、
  コンテンツフィルタリングなどの機能を持つ。様々な機能を組み合わせて利用する事が多い。

企業向けウィルス対策ソフトの導入支援
 企業向けライセンス製品導入によって更新期限の一元管理による更新忘れ防止、定義ファイルの提供状況モニタリングによる監視、ミラーサーバー設置によるインターネット利用負荷軽減などのメリットがあります。


Windows Server 2008 R2を利用したWSUSによるセキュリティパッチの一元管理
 WSUS(Windows Server Udapete Service)の導入でWindowsUpateの適用状況の一元管理、グループポリシーとの連動による強制適用、インターネット利用負荷軽減などのメリットがあります。

 WSUSの詳しい説明はこちら(マイクロソフト様のサイト)

ページの先頭へ