ソコロ通信編集部

2014.03.12.

人の話を聴かない男と地図が読めない女

 営業で部下を同行させる際、営業車の運転を頼むことがあります。

その日も部下に運転をお願いし、会社を出ようとしました。
「そこを左に出て」
私が指示を出したところ、
車は右にウインカーをだし、右折の構えを見せたのです。
「右を左と思ってました(-_-)」
「・・・」
別に右だろうが左だろうが、目的地に着けばいいのです。
正解にこだわるのではなく、
自分なりの答えを出して行動することが大切なのです(^o^)
そう思いつつも、ツッコミを入れてしまう私は、きっと悪い上司なのでしょうね・・・
今月の明言
     地図さえない それもまた人生
               秋元康(日本の作詞家、プロデューサー)

2013年ソコロ通信12月号『編集長のつぶやき』より



当社浜田営業所にて求職者支援訓練を開始します。

◆訓練科名:いちから始めるパソコン基礎科
◆訓練期間:平成26年5月27日(火)~平成26年8月26日(火)
◆訓練時間:9時30分~16時20分(1日6時間授業)
◆訓練内容:Word、Excel、コンピュータ基礎、コンピュータ活用実践(タブレット操作)
ビジネスマナー、就職支援(履歴書・職務経歴書の書き方) など
◆自己負担額:受講料は無料
◆定員:14名(応募状況によっては中止する場合があります)

詳しくはこちら↓
http://socorrohamada.createhope.jp/

2014.03.08.

さらば愛しきXP

 あなたと初めて出会ってから、もう13年がたつ。
はじめは取っ付きにくかったものの、何度も触れ合ううちに、いつしかあなたなしでは何もできない自分がいた。

妻よりも長い時間を共に過ごし、良い時も悪い時も苦楽を共にしてきた。そんなあなたとの別れの時が今近づいている・・・

 

いよいよ201449(日本時間)WondowsXPのサポートが終了する。

XPを使っている方は、サポート終了に向けた対策が必要である。

では何故、XPのサポートが終わってしまうのだろうか。主な理由として挙げられるのが『PCを取り巻く環境の変化』であろう。

20012WindowsXPが発表されてからすでに13年が経過している。

13年といえば一昔。生まれた子供が中学校に上がろうかという歳月である。

2001年当時から比べて、ネットやパソコンを取り巻く環境は大きく様変わりした。当時インターネット回線の主流はダイヤルアップ方式で接続する低速サービスが主流であり、ようやくADSLのサービスが始まったばかりで速度も1Mbps程度だった。

今や光回線の理論上の速度が1Gbps、モバイル通信もドコモのLTEサービスが150Mbpsをうたっている。

インターネットではWebやメールだけでなく、映画などの大容量のコンテンツやクラウドサービスの情報が行き交っている。

パソコンの性能は大幅に向上し、保存できるデータ量は数十倍に増えた。

セキュリティのリスクも増え、パソコンを攻撃するための新しい手口が次々と生み出されている。

これはコンピューターだけに言えることではなく、どんな優れたモノ(ゼロ戦がそうであったように)も、登場した時代の思想や技術、インフラを前提に開発されている。

 

XPのサポート終了の最大の理由は上記のように、セキュリティ対策に限界があるためである。

パソコンを狙う攻撃は手口が巧妙になり、使う技術も日々進歩している。古い構造のOSではそれに対処するのにも限界がある。

適切なタイミングで安全性に優れたOSに移行することが、快適にパソコンを使うことにつながるという考え方から、

マイクロソフトは自社製の製品について『サポートライフサイクルポリシー』を規定している。

Webサイトなどで公表されているが、その中でパソコンのOSについては、発売から10年のサポートを提供すると表明している。

ただし、WindowsXPWindowsVista(マイクロソフト最大の駄作)の発売が遅れた影響で、例外的に13年近くサポート期間を設けていた。

 

サポート終了後のセキュリティはどうなるのか?

主なウイルス対策ソフトはそのまま使用できる。ただし、必ずしも安全とは言えない。

OSそのものの脆弱性を解消できるわけではないからである。

ウイルス対策ソフトの役割は脆弱性の解消ではなく、ウイルスなどの不正プログラムを見つけたり、防御をするためのものである。

防御しきればければ、脆弱性を悪用されてしまうのである。サポート終了後のXPは攻撃者にとって格好の標的となるだろう。

 

2014年現在、13年前に登場したWindowsXPがもはや時代遅れなのはまぎれもない事実である。

しかしこれほど長く使われ、そして多くの人に愛されたOSは他にないだろう。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

2014年ソコロ通信3月号『技術情報より』 

2014.03.06.

タブレットの選び方

 『タブレット』といっても多くのメーカーから様々な機種が販売されています。

安い製品では、2万円以下でも購入できる物もあります。
タブレットは欲しいけど、何を買えばいいのかわからないというのが正直なところですよね。
購入する機種は用途に合わせて、画面のサイズやOSの種類で絞り込んでいくとよいでしょう。
タブレットを大きく分類すると、3種類に分けられます。
①6~8型の小型タブレット
②9~10型の大型タブレット
③Windowsタブレット

2014年ソコロ通信3月号より
ページの先頭へ