ソコロ通信編集部

2014.07.31

オトコの器量

 男は年齢と共に、どうしようもない香りを醸すようになります。

いわゆる、加齢臭というやつです。
私も自分の体臭に思わず自己嫌悪に陥ることがあります。
先日帰宅した際に、着替えをしていたら娘が寄ってきて、私のスーツをクンクン
「いい匂い、お父ちゃんの匂いがする〜」
娘よ‼︎(≧∇≦)。
おそらく汗臭いはずの私のスーツ。
彼女の中では、きっとジャスミンの香りがしたのでしょう。
父としては嬉しいものです。
そして無駄におもちゃを買い与えてしまうのは、父親の悲しい性です。
女の掌でうまく踊ることができるのが、『男の器量』というやつなのでしょう。
今月の名言
     「会社で働く」「家族サービス」両方やらなくっちゃあならないってのが「父親」のつらいところだな。
     野原ひろし(野原しんのすけの父、架空の人物)

2014年ソコロ通信7月号『編集長のつぶやき』より

コメント

コメントフォーム