ソコロ通信編集部

2016.06.30.

パソコンの暑さ対策

今年の夏は”酷暑”といわれ、つらい季節になりそうですが、

パソコンにとっても夏はツライようです。

特にノートパソコンは、デスクトップに比べて冷却ファンが小さく熱が溜まりやすくなっています。

パソコン内に熱がたまると、突然電源が切れる、勝手に再起動する、エラーが頻発する、などのいわゆる「熱暴走」という症状が発生します。最悪な場合、パソコンが故障してしまいます。

やっぱり掃除が必要!!

環境にもよりますが、掃除をしていないパソコン内部はかなりの量の埃がたまっています。

特に通気孔や冷却ファンのあたりは、外気を吸い込むので、埃がたまりやすくなっています。埃がたまってしまうと、冷却効率が落ちて故障の原因になります。

パソコンは定期的に掃除することをお勧めしますが、

ノートパソコンの内部を掃除するときは本体カバーをあけ、いわゆる”開腹手術”をする必要があります。

できれば専門的な知識を持った人間にお願いするほうがよいでしょう。

ページの先頭へ