ソコロ通信編集部

2017.08.22.

ただ泣きたくなるの・・・Wannacryへの対策方法

 ランサムウェア「Wanna cry」って?

感染したパソコンをロック、暗号化して使用不可にするウイルスのことです。
元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する、困ったウイルスです。
ただでさえ、見知らぬメッセージが表示されるだけでビクビクするのに、
身代金を要求する画面なんかが表示されたら、それだけで泣いてしまいます。
遠い海の向こうの出来事ではなく、国内でも企業、個人ともに被害が出ています。
じつはあなたのパソコンにも潜んでいるかもsれませんが、とりあえずの対策としては以下のことが挙げられます。
  • 心当たりのないメールや添付ファイルは開かない
  • OSを最新のものにアップデートしておく。
  • ウィルス対策ソフトを最新状態にしておく。
  • 大事なデータはバックアップ。
「あんた、そんな初歩的な事しか言えんのか」
と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
イザというときにそんな初歩的なことができないから、振り込め詐欺の被害は減らないのです。
対策として重要なのは”大事なデータはバックアップ”することです。
こまめにバックアップさえしておけば、自分のパソコンが感染してデータが暗号化されようが、三枚におろされようが、
感染していない別のパソコンでデータを利用・閲覧することができます。
ランサムウェアに感染した場合、もしパニックにならなければ以下のことに気を付けましょう。
パソコンをネットからすぐに切断する
     ・・・・犠牲は自分だけに
身代金を払わない
     ・・・・払っても元に戻らない可能性があります。犯罪者の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
OS(ウィンドウズ)を再インストールする
     ・・・・ロックから復旧後パソコンが正常に動く保証がないため
データをバックアップから復元
     ・・・・ロックから回復してもデータは100パーセント元には戻りません
ここ数か月はランサムウェアの動向に気を付けたほうが良いでしょう。
ページの先頭へ